細かい点にまで目が届く気配りの心

社会に数多くある仕事の中でも車の運転をメインとするのがドライバー職です。一口にドライバー職といっても運送や送迎などさまざまな職種に分かれていて、比較的認知度の高い職種がタクシーの運転手です。
タクシーと言うと一般的にお客を乗せて目的地まで届けるのが仕事というイメージを持たれがちですが、そのほかにも仕事に必要な物はあります。
その一つが気配りで、ドライバーは乗客が快適に利用できるように細かい配慮が必要不可欠です。そのため、安全に運転する技術はもちろんのこと、車内温度が適温か確認するなどのコミュニケーション能力も持っていなくてはいけません。

一人でいることに不満を感じないおおらかさ

タクシーの運転手は利用客を乗せて目的地まで運ぶのが仕事とはいえ、常に乗客がいるわけではありません。一般的な会社員とは異なりタクシーの運転手は基本的に出社してから帰社するまでの外での勤務はそれぞれの個人の判断に任されています。
そのため、乗客を見つける間の運転も含め1日の大半を車内で1人で過ごすので、こういった1人の時間を苦に感じないようにすることが大切です。

ストレスに対しての抵抗力が強い人

タクシーの運転手で最も過酷とされるのが長時間の運転による疲労です。ドライバーは常に周囲の警戒を怠らないことによる精神的疲労や同じ姿勢のままでいる肉体的疲労が溜まります。そのほかにも、接客業特有の理不尽な客の対応によってストレスが溜まるケースも少なくありません。
こういったストレスとも上手に付き合っていくことが必要になるので、ちょっとしたことで怒らない我慢強さも必要になります。

運転手派遣では重要なお客様のおもてなしとしての送迎業務だけでなく、スクールバスや介護福祉車両など、様々な移動を支援する人材を選抜してもらうことができます。