まずは普通自動車第二種免許を取得する!

世の中には運転手が活躍できる職場がたくさんありますが、その中で最もメジャーな運転手の職業が「タクシードライバー」ではないでしょうか。大きな駅の前には必ずと言って良いほどタクシーが停まっていますし、日本人にとって欠かせない交通手段の1つとなっています。そんなタクシー運転手になるために必要なのが、普通自動車第二種免許です。日本の法律では、自家用自動車を運転できる普通自動車のみでは、タクシー運転手として働くことができません。第二種免許は、お客様を乗車させて目的地まで移動する「旅客用自動車」を運転する時に欠かせない免許です。このためタクシー運転手を目指す時には絶対に取得しなければならないのですが、必ずしもタクシー会社へ入社する前に取得しておく必要はありません。

タクシー会社で免許取得費用を負担する場合もある!

タクシー会社では普通自動車免許を持っている人材を採用し、自社で養成訓練を行っているケースが少なくありません。そして公認の教習所で一定の講習を受けさせた上で、二種免許を取得するのです。この場合、教習所や免許の取得に関わる費用は会社が負担してくれるため、社員側にとってはとてもメリットが大きいと言えるでしょう。また、東京や大阪などの大都市圏では、タクシーセンターでの講習が必要となるケースもあります。東京などの大都市は交通網が非常に発達しており、二種免許を取得しただけでは運転手として対応できません。このため講習を受けて、地理試験に合格することが求められます。この地理試験では、駅の具体的な場所や交差点の名称など、難しい問題が出題されるそうです。

役員運転手とは、会長や社長、執行役員の専用車を運転する人で、粗相がないようにするためプレッシャーがかかる仕事です。