スキルやノウハウを持ち合わせているかも重要

事業継承に関心が高まっているのは、それだけ多くのニーズがあることを指し示しているといえるでしょう。M&Aや事業買収、企業再編などといったことを手がける業者にも大きな注目が集まっているのも事実です。事業継承を成功させるためには、そのタイミングや継承後の条件などが重要なポイントになることはいうまでもありません。事業を受け入れる側よりも受け入れられる側にとってはどれだけ変化が起こるかについて、シミュレーションをすることが重要といえるのではないでしょうか。事業継承の必要性があるのは、後継ぎ不在や売上低下、人材不足などのさまざまな要因が考えられます。その一方で、しっかりとしたスキルやノウハウ、技術力を持ち合わせていることも大事な点です。

成長性や先進性に着目

事業継承を成功させるためには、当然ながらニーズがあることが重要です。公序良俗に反しないことはもとより、必要性がなければ継承することは困難といえるでしょう。むろん、継承することで売り上げアップや顧客数増加、雇用の確保などのメリットがあることが受け入れる側にとっての利点とならなければなりません。事業継承をすることで、廃業や倒産などに追い込まれることになれば、本末転倒といわざるを得ません。ネット時代の到来やグローバル社会の台頭など、社会全体が大きな変化の中にあります。旧態依然としたビジネスモデルは通用しません。そういう意味では、むやみやたらに事業継承するのではなく、成長性や先進性を持った事業のみを継承することが大切といえるのではないでしょうか。

事業承継とは、企業の経営を後継者に引き継ぐことです。従来は親族に引き継ぐケースが多かったのですが、最近は従業員に引き継ぎをしたり、M&Aによる承継を行ったりということが増えてきています。