内定者フォローと社員教育の一体化

内定者を逃さないためには内定者フォローを行うのが重要になっていますが、そのために余計にコストがかかってしまうことは否めません。その取り組みを社員教育と一体化させることによってコストを削減しつつ高い効果が得られます。内定者フォローを社員に行わせることによって教育効果を上げるという戦略を立てられるからです。人に教育を行うのは本人にとって大きな影響を及ぼします。適切な教育をするためには内容についての深い理解が必要になるからです。内定者に対して企業理念を教えることを課題として与えると、必死に企業理念について理解してもらいやすい形で説明できるように学ばなければなりません。これによって自然に企業の成長の方向性について理解を促すことができます。そして、それを内定者に説明することを通して内定者フォローも同時に実現できるのです。

教育内容の企画が最も重要

社員教育として内定者フォローを実施させるには企画内容の充実が必須になります。教育内容をできるだけ具体的に指示し、細かなポイントについては自分で学ばせるという形を作り上げなければなりません。そして、その内容が内定者が就職したいという気持ちを抱かせるのに十分なものでなければならないのです。企業理念や現場での仕事の流れなどを説明するのは効果的な方法でしょう。一度企画が定まってしまえばずっと利用することができます。導入するときにはハードルが高いのは確かですが、運用自体はそれほど難しくはないのが特徴です。

社員教育が充実している会社はマニュアルに沿って従業員が仕事を行えるので逸脱とは無縁となり、会社にとっても利益となります。