確定申告を白色申告でするメリット

個人事業主が確定申告をする際、白色申告と青色申告の2種類の内どちらかで行います。白色申告で申告するメリットは、青色申告とは違い事前に税務署に申請をする必要がありません。青色申告の場合は青色申告承認申請書に必要事項を記入し、提出期限以内に最寄りの税務署に提出しなければなりません。しかし、白色申告の場合は書類の提出は不要で、事業を始めて書類を提出しなければ自動的に白色申告扱いになります。また、青色申告の場合は複雑な複式簿記で帳簿を付けなければなりませんが、白色申告の場合は簡易な単式簿記のみで大丈夫です。特別な簿記の知識がない人でも簡単にできるというメリットがあります。

青色申告とどちらを選ぶべきか

白色申告での確定申告は、必要書類の提出が面倒な人や複式簿記での帳簿付けが苦手な人には良いかもしれません。しかし白色申告の場合、青色申告で受けることができる様々な特典を受けることができなくなります。まず青色申告の場合、特別控除として10万円か65万円の控除を受けることができます。また青色申告を行っている個人事業主は、赤字を3年を繰り越すことができます。控除額が増えたり赤字を繰り越すことで、事業で利益が出始めてからも白色申告よりも節税することができるのです。さらに青色申告では事業を手伝ってくれている家族の従業員に支払う給料を、専従者給与として経費にすることができます。このように白色申告と青色申告ではそれぞれにメリットとデメリットがあるのです。

白色申告は単式簿記で行う確定申告の方法です。役所に青色申告の申請をしなければ、自動的にこちらになります。青色申告よりも記帳が簡単で、申告方法や経理業務がシンプルなことが特徴です。