決して古くはない!eラーニングの歴史

eラーニングとは、情報技術を用いた学習方法です。最近では、eラーニングには主にインターネットが使用されていますが、CD-ROMやDVD-ROMを使った学習も、eラーニングに入ります。1990年代に、アメリカでeラーニングという言葉ができ、2001年ごろには日本でも広まりました。

日本でのeラーニングは、他の国と同じように、主にインターネットが利用されています。eラーニングという用語が使われだした当初は、インターネットで大容量のデータを送受信することが難しく、CD-ROMやDVD-ROMが使われていました。しかし、CD-ROMやDVD-ROMだと、利用者に送付後、放置されてしまうことが多いうえに、作成後の修正が困難でした。インターネットの発達により、リアルタイムでの講義視聴が可能になり、修正も簡単になりました。

とても多い!eラーニングで学べるビジネスマナー

ビジネスマナーを教えているeラーニングの講義は数多くあり、新入社員などに会社でのマナーを教えるために、非常に有効です。eラーニングで学ぶことができるものは多く、ビジネスシーンでの身だしなみや名刺の渡し方、電話でのマナーなどがあります。また、ビジネス文章の書き方といった、比較的教えることが難しいものも、eラーニングで社員に学習させることができます。

eラーニングに関しては、対面形式で講師から教わるセミナーより、効果が高いとする研究もあります。eラーニングを導入することで、新入社員などに、効果的にビジネスマナーを教えることが可能です。

派遣のeラーニングとは、派遣登録者が利用できるスキルアップシステムです。ビジネスマナーや簿記、パソコンソフトなど好きなコースを自由に選んで学べ、自分のスキル向上に役立ちます。